親鸞聖人をたたえる著名人 ロマン・ロラン

親鸞 ロマン・ロラン

ロマン・ロラン(1866 – 1944)
フランスのノーベル賞作家
(写真はwikipediaより)

ベートーベンの生涯を描いた主著『ジャン・クリストフ』により、1915年にノーベル文学賞を受賞しています。平和主義者・ヒューマニストとし  て、戦争・ファシズムと戦ったロマン・ロランは、親鸞聖人に対してどう思っているのでしょうか。

親鸞聖人は仏陀の恵みを万人の手の届くものとした

ロマン・ロランは、日本に大ブームを巻き起こした
倉田百三の『出家とその弟子』を読んで感動し、
倉田百三に手紙を送って激賞しました。

『出家とその弟子』のフランス語版には、序文まで添え、
次のように絶賛しています。

現代のアジアにあって、宗教芸術作品のうちでもこれ以上に純粋なものを私は知らない。

さらには、次のような文学的な表現で親鸞聖人
フランスの人々に紹介しています。

親鸞聖人(1173-1262)は、十三世紀に日本仏教の最大宗派である真宗を創設した。貴族の血を引き、京都近郊に生まれた彼は、人間と無限との心やさしき仲介者として師法然のあとを引き継ぎ、天と地を近づけ、仏陀の恵みを万人の手の届くものとした。

寛容と柔和の師親鸞は、道に迷った弟子たちに手をさしのべ、阿弥陀の光にみちた「浄土」へ向かわせる。


ノーベル賞作家にこれほどまでに絶讃される親鸞聖人は、
一体どんなことを教えられたのでしょうか。



親鸞聖人が明らかにされた苦悩の根元

最後に、親鸞聖人が明らかにされた
人生苦悩の根元を、
以下の小冊子にまとめましたので、
もしご関心があれば、ご覧下さい。

あなたを一生苦しめる
人生最大の間違い

親鸞 小冊子


 親鸞聖人によって明らかにされた
あなたが幸福になれない秘密!
お金や名誉を喜ぶ心の奥底で動めく心のシステムを
7ステップ80ページでついに公開!


メールアドレス:




また、親鸞聖人の明らかにされた生きる意味の
メール講座もついています。
もちろんいつでも解除できますので、
今すぐお申し込みください。