親鸞聖人をたたえる有名人 倉田百三

親鸞 倉田百三

倉田百三(1891 – 1943)
劇作家、評論家
(写真はwikipediaより)

20世紀最高の哲学者の1人といわれるハイデガーは、親鸞聖人の教えにふれ、一体何を考えたのでしょうか。以下は晩年の日記です。

十年前にこんな素晴らしい親鸞聖人を知っていたら……

 倉田百三は、旧制一高に入学しましたが、
21歳で肺結核を患いを中退。
以後40余歳まで闘病生活が続きました。
病床で執筆活動を続け、
生命力みなぎる青春文学を世に送り出しました。
親鸞聖人とその弟子唯円(歎異鈔の著者といわれています)を描いた
「出家とその弟子」もその代表的作品で、
発表と同時に当時の青年たちに熱狂的に支持され、
大ベストセラーとなりました。
世界各国で翻訳され、フランスの文豪ロマン・ロラン
絶賛したことでも有名です。

親鸞聖人に関する著作も多く、
法然と親鸞の信仰」では、以下のように言っています。

トルストイの如きは日本の法然や、親鸞の宗教を知ったら、誰よりも先きに随喜する人ではなかったかと思うのだ。 (倉田百三「法然と親鸞の信仰」

このように倉田百三が喜んでいた親鸞聖人の教えとは
どんなものだったのでしょうか。


親鸞聖人が明らかにされた苦悩の根元

親鸞聖人が明らかにされた
人生苦悩の根元を、
以下の小冊子にまとめましたので、
もしご関心があれば、ご覧下さい。

あなたを一生苦しめる
人生最大の間違い

親鸞 小冊子


 親鸞聖人によって明らかにされた
あなたが幸福になれない秘密!
お金や名誉を喜ぶ心の奥底で動めく心のシステムを
7ステップ80ページでついに公開!


メールアドレス:




また、親鸞聖人の明らかにされた生きる意味の
メール講座もついています。
もちろんいつでも解除できますので、
今すぐお申し込みください。