親鸞聖人をたたえる人々16 野間宏

野間宏(1915 – 1991)
兵庫県出身の文学者

京大仏文科出身の野間宏(のまひろし)は、三高時代に文学や思想に対する目を開かれ、昭和21年、戦後文学の第一声『暗い絵』を発表し、第一次戦後派として文壇に立ちました。

(親鸞聖人は)その時代の矛盾、悪の一切を引き受け…

野間宏は、人間性を否定する社会と、人間とを総合的にとらえ、
時代の深層において描き出す鮮烈な文学は、
時の風化に耐えうる圧倒的な迫力をもって、
読者の心を捉えてはなしません。

そんな野間宏は苦しい模索のうちに、
道に行き詰まっている現代人に仏教・親鸞聖人が必要だ
ということに目覚め、真剣に取り組みました。

親鸞』という小説では、親鸞聖人に対して、
次のような、野間宏としては最大級の賛辞を送っています。

(親鸞聖人は)その時代の矛盾、悪の一切を自分の身に引き受け、その重みによってひとりでに時代の底に沈み続けて、ついに時代をその底から越え出て行ったのである。
親鸞


親鸞.comからあなたへのプレゼント

最後に、親鸞聖人が明らかにされた
人生苦悩の根元を、
以下の小冊子にまとめましたので、
もしご関心があれば、ご覧下さい。

あなたを一生苦しめる
人生最大の間違い

親鸞 小冊子


 親鸞聖人によって明らかにされた
あなたが幸福になれない秘密!
お金や名誉を喜ぶ心の奥底で動めく心のシステムを
7ステップ80ページでついに公開!


メールアドレス:




また、親鸞聖人の明らかにされた生きる意味の
メール講座もついています。
もちろんいつでも解除できますので、
今すぐお申し込みください。