親鸞聖人をたたえる人々19 三國連太郎

三國連太郎(1923 – )
群馬県出身の俳優

『ビルマの竪琴』『はだしのゲン』など有名な映画に出演している三國連太郎(みくに れんたろう)は、親鸞聖人の映画「白い道」で監督も行っています。

私が一番感動するのは、『教行信証』の冒頭の言葉です。

三國連太郎は、近くは『釣りバカ日誌』では、スーさん、
『美味しんぼ』では、海原雄山などで活躍。

撮影所では、スタッフの安全の為に釘を
拾ってくれたりする人柄とか。

そんな三國連太郎が、原作、脚本、監督、出演した
ライフワークがあります。
しかも、カンヌ国際映画祭で審査員特別賞を受賞しました。

それはなんと、映画『親鸞・白い道』です。

一体なぜでしょうか。

次のように語っています。

私が一番感動するのは、『教行信証』の冒頭の言葉です。親鸞のすべてが、冒頭の十行か二十行に尽くされているような気がするんです。

さらに、親鸞と私という本に次のように語っています。

 僕は戦争で中国に行き、紙一重で生き残って、
日本に帰ってきました。
多くの仲間が亡くなったのに、僕だけが。
本当に偶然ですよ。ある種の無常観と、
命を大切にしないといけないというのが
僕の戦後の原典でしてね。
そんなころ、たまたま親鸞さんを読んで
影響を受けたのです。

親鸞さんの時代にはひどい差別があったはずですが、
人間はすべて平等だと説いたでしょう。
まさに命がけの主張だったと思うのです。

戦争中の僕たちにも、
死ぬことが宿命づけられていましたけれども、
なぜ、何のためにかを考えてもよくわからなかった。
偶然に生かされた自分を、親鸞さんの著作を通して
確かめたかったのです。
だから戦後しばらくは、いつもポケットに「歎異抄」を入れて、
迷ったときにはすぐに開いていました。
特にどれかというわけではありませんが、
深く深く織り込まれている言葉が多くてね。
自分の生き様への呼び覚ましになったと思います。
深く勉強したわけではありません。
それでも問いかけていけばいくほど、
自分自身の中で親鸞さんの言葉が熟成していく感じです。
それでいて、こう理解しなさいとは押しつけられない。
自分の影みたいな、何とはなく身近な人のような気がします。

では一体、親鸞聖人はどのようなことを教えられたのでしょうか?

親鸞.comからあなたへのプレゼント

最後に、親鸞聖人が明らかにされた
人生苦悩の根元を、
以下の小冊子にまとめましたので、
もしご関心があれば、ご覧下さい。

あなたを一生苦しめる
人生最大の間違い

親鸞 小冊子


 親鸞聖人によって明らかにされた
あなたが幸福になれない秘密!
お金や名誉を喜ぶ心の奥底で動めく心のシステムを
7ステップ80ページでついに公開!


メールアドレス:




また、親鸞聖人の明らかにされた生きる意味の
メール講座もついています。
もちろんいつでも解除できますので、
今すぐお申し込みください。