親鸞聖人をたたえる人々 夏目漱石

親鸞 ハイデガー

夏目漱石(1867 – 1916)
小説家、評論家
(写真はwikipediaより)

夏目漱石は、帝大時代に正岡子規に俳句を学び、卒業後、イギリスへ留学。帰国して東大講師を勤めながら『吾輩は猫である』などを発表してゆきました。親鸞聖人についてはどう思っているのでしょうか。

彼は人間の代表者であるが、自己の代表者である。

夏目漱石は、当初、人生に対して余裕を持ってのぞむ
『余裕派』と言われていましたが、
実際は、文明開化により、急速に流れ込む圧倒的な西洋文明の中で、
「上滑り」に苦しんでいました。
例えば『坊っちゃん』なら、「坊っちゃん」はそれまでの日本の象徴、
教頭先生の「赤シャツ」は西洋文明の象徴として
その葛藤を描き、坊っちゃんは最終的に
赤シャツに勝利したわけではありません。

そんな中、漱石は、『模倣と独立』の中で、親鸞聖人をあげて、
大変に独立的だと、次のようにほめたたえています。

親鸞聖人に初めから非常な思想があり、非常な力があり非常な強い根底のある思想を持たなければ、あれ程の大改革はできない。(夏目漱石「模倣と独立」)

彼は人間の代表者であるが、自己の代表者である。(夏目漱石「模倣と独立」)

このように、夏目漱石がほめたたえる親鸞聖人は、
どんなことを教えてゆかれたのでしょうか。



親鸞聖人が明らかにされた苦悩の根元

最後に、親鸞聖人が明らかにされた
人生苦悩の根元を、
以下の小冊子にまとめましたので、
もしご関心があれば、ご覧下さい。

あなたを一生苦しめる
人生最大の間違い

親鸞 小冊子


 親鸞聖人によって明らかにされた
あなたが幸福になれない秘密!
お金や名誉を喜ぶ心の奥底で動めく心のシステムを
7ステップ80ページでついに公開!


メールアドレス:




また、親鸞聖人の明らかにされた生きる意味の
メール講座もついています。
もちろんいつでも解除できますので、
今すぐお申し込みください。