親鸞聖人をたたえる人々25 真継伸彦

真継伸彦(1932 – )
京都出身の文学者

姫路獨協大学教授、真継伸彦(まつぎのぶひこ)氏は、学生時代はヨーロッパ思想一辺倒だったものの、25才頃に歎異鈔に出会い、その後は仏教に打ち込みました。

20代半ば親鸞聖人の歎異鈔を読んで救われた思いをした

 真継伸彦は、やがて『親鸞』という小説を書いているのですが、そこには、このように記しています。

浄土、日蓮、天台、真言、禅など様々にさまざまに対立する在家仏教がすでに成立しているなかで、なぜとくに親鸞から学ぼうとするのかという選択の問題については、個人的な動機がある。私はおなじ動機から『歎異鈔』を訳出し、読者にあらかじめ読んでもらおうと思う。というのは、私はもう二十年ちかく前、二十代なかばのころに『歎異鈔』を読んで、救われた思いをしたことがあるからである。(真継伸彦「親鸞」)

私はこの本を書くために親鸞の著作のほとんどを再読して、やはり「歎異抄」に最も感動させられたのだった。私は読んでいて、親鸞の肉声を聞く思いもした。私は同時に「歎異抄」が、親鸞の全思想の精髄であるとも思った。(真継伸彦「親鸞」)

親鸞.comからあなたへのプレゼント


最後に、親鸞聖人が明らかにされた
人生苦悩の根元を、
以下の小冊子にまとめましたので、
もしご関心があれば、ご覧下さい。

あなたを一生苦しめる
人生最大の間違い

親鸞 小冊子


 親鸞聖人によって明らかにされた
あなたが幸福になれない秘密!
お金や名誉を喜ぶ心の奥底で動めく心のシステムを
7ステップ80ページでついに公開!


メールアドレス:




また、親鸞聖人の明らかにされた生きる意味の
メール講座もついています。
もちろんいつでも解除できますので、
今すぐお申し込みください。