親鸞聖人をたたえる人々24 ロジャース教授

M・ロジャース(1930~1991)
アメリカの仏教学者

M・ロジャース (Minor Lee Rogers1930~1991)は、米国における仏教研究の第一人者と言われます。

親鸞聖人の教えは普遍性があり、宝物です

米国における仏教研究の第一人者、M・ロジャースは、
もともとキリスト教の宣教師でした。

それなのになぜ、仏教の研究を始めたのでしょうか。

ロジャース教授40才過ぎ、日本を訪れた際の
衝撃的な出会いを、次のように語っています。

「鹿児島県で2年間、宣教師として布教活動しました。
その時、あるキリスト教徒に出会ったのです。
私も尊敬する立派な人でしたが、苦しい時には、
その人の口から、祈りの言葉ではなく、
いつも念仏が出ていました。
念仏はいったい何なのか、知りたいと思ったのが帰国して、
キリスト教と日本仏教の比較宗教学を専攻する
動機になりました。」

 それから、ハーバード大学で日本文化、歴史、思想を学び、
蓮如上人(浄土真宗中興の祖)の『御文章』
という書簡集の英訳をライフワークとしています。

全米で6番目に古い(創立1749年)
ワシントン&リー大学の教授で、
学生から「一番好きな教授はロジャース教授。」
などと言われる人気教授でしたが、
癌の為、61才の若さで亡くなりました。

 仏教については、次のようにも言っています。

「キリスト教は白人だけの教え。人間の研究において、仏教は根元が深いです。仏教の凡夫の思想にピンとくるものを感じました。  親鸞聖人の教えは普遍性があり、宝物です。親鸞聖人、蓮如上人の信心の前には、私は子供のような感じがします。」

親鸞.comからあなたへのプレゼント


最後に、親鸞聖人が明らかにされた
人生苦悩の根元を、
以下の小冊子にまとめましたので、
もしご関心があれば、ご覧下さい。

あなたを一生苦しめる
人生最大の間違い

親鸞 小冊子


 親鸞聖人によって明らかにされた
あなたが幸福になれない秘密!
お金や名誉を喜ぶ心の奥底で動めく心のシステムを
7ステップ80ページでついに公開!


メールアドレス:




また、親鸞聖人の明らかにされた生きる意味の
メール講座もついています。
もちろんいつでも解除できますので、
今すぐお申し込みください。