親鸞聖人をたたえる人々23 津本陽

津本陽(1929 – )
和歌山県出身の小説家

津本陽(つもとよう)は『深重の海』で直木賞を受賞、『明治撃剣会』などの剣豪小説、また、織田信長を主人公とした『下天は夢か』でベストセラーになった人気歴史小説家です。

親鸞聖人の最晩年に至るまでのおびただしい著述も不思議

津本陽が、親鸞聖人の生涯を上下二巻に渡って描いた
『弥陀の橋は~親鸞聖人伝』は、
関西大学名誉教授・園田香融さんから、
『わが国仏教界の最大の教団である浄土真宗の宗祖
親鸞聖人の生涯をみごとに描き上げた力作である』
と評価されています。

その中で津本陽は、
親鸞聖人の90歳で亡くなるまでの布教、執筆など、
その烈々たる衆生救済の人生について
このようにに驚嘆しています。

(親鸞聖人が)「老眼鏡のない時代に、最晩年に至るまでおびただしい著述をつづけられたことも、ふしぎでならない」

親鸞.comからあなたへのプレゼント


最後に、親鸞聖人が明らかにされた
人生苦悩の根元を、
以下の小冊子にまとめましたので、
もしご関心があれば、ご覧下さい。

あなたを一生苦しめる
人生最大の間違い

親鸞 小冊子


 親鸞聖人によって明らかにされた
あなたが幸福になれない秘密!
お金や名誉を喜ぶ心の奥底で動めく心のシステムを
7ステップ80ページでついに公開!


メールアドレス:




また、親鸞聖人の明らかにされた生きる意味の
メール講座もついています。
もちろんいつでも解除できますので、
今すぐお申し込みください。