親鸞聖人をたたえる有名人 吉川英治

親鸞 吉川英治

吉川英治(1892 – 1962)
日本の作家
(写真はwikipediaより)

『太閤記』『新・平家物語』『太平記』など、NHK大河ドラマ5作品の原作を残した人気作家・吉川英治は、親鸞聖人に対してどう思っているのでしょうか。

私は、何ということなく、親鸞が好きだ

菊池寛と親友で国民文学作家と名高い吉川英治ですが、
29才の時、東京毎夕新聞に入社すると文才を認められ
親鸞記」などの執筆を始めました。後に、

 「私が小説というものを書いた第一作が『親鸞』であった」

と述懐しています。

ところが46才の時に、再び『親鸞』を執筆し始めたのです。
結局、生涯に二度、『親鸞』という小説を書いています。

そしてこう言いました。

私は、何ということなく、親鸞が好きだ、蓮如が好きだ。好き嫌いで言うのは変だけれど、正直な表現でいえば、そうなる。

このように、吉川英治が好きになる親鸞聖人は
一体どんなことを教えられたのでしょうか。

親鸞聖人の明らかにされた苦悩の根元

親鸞聖人が明らかにされた
人生苦悩の根元を、
以下の小冊子にまとめましたので、
もしご関心があれば、ご覧下さい。

あなたを一生苦しめる
人生最大の間違い

親鸞 小冊子


 親鸞聖人によって明らかにされた
あなたが幸福になれない秘密!
お金や名誉を喜ぶ心の奥底で動めく心のシステムを
7ステップ80ページでついに公開!


メールアドレス:




また、親鸞聖人の明らかにされた生きる意味の
メール講座もついています。
もちろんいつでも解除できますので、
今すぐお申し込みください。