親鸞聖人をたたえる人々 三木清

親鸞 三木清

三木清(1897 – 1945)
日本の三大哲学者の一人
(写真はwikipediaより)

日本の三大哲学者の一人、三木清は、親鸞聖人に対してどう思っているのでしょうか。

親鸞聖人の『教行信証』は思索と体験が一体の稀有の書

三木清は、第一高等学校から京都大学に進み、
西田幾多郎
に学びました。
さらに岩波文庫を創刊した岩波茂雄の援助でドイツへ留学。
20世紀最大の哲学者・ハイデガーに学んでいます。
ちなみに岩波文庫の巻末にある「読者子に寄す」は
誰が書いたか書いてありませんが、実は三木清です。

抜群の語学力を生かして、ヨーロッパ最先端の知的成果を
取り入れてきた三木清でしたが、
晩年は、浄土真宗の親鸞聖人の著書『教行信証』の哲学に心酔し、

『教行信証』は思索と体験とが渾然として一体をなした稀有の書である。

と、驚いています。
また、48才の若さで亡くなっていますが、

最近の禅の流行にもかかわらず、私にはやはりこの平民的な浄土真宗がありがたい。おそらく私はその信仰によって死んでゆくのではないかと思う。

 と、最後まで、遺稿となった『親鸞』を書き続けました。

このように、日本の三大哲学者の一人、三木清が
心酔していた親鸞聖人は、
一体どんなことを教えられたのでしょうか。


親鸞聖人が明らかにされた苦悩の根元

親鸞聖人が明らかにされた
人生苦悩の根元を、
以下の小冊子にまとめましたので、
もしご関心があれば、ご覧下さい。

あなたを一生苦しめる
人生最大の間違い

親鸞 小冊子


 親鸞聖人によって明らかにされた
あなたが幸福になれない秘密!
お金や名誉を喜ぶ心の奥底で動めく心のシステムを
7ステップ80ページでついに公開!


メールアドレス:




また、親鸞聖人の明らかにされた生きる意味の
メール講座もついています。
もちろんいつでも解除できますので、
今すぐお申し込みください。